市役所のまん前に設置で分かり易い。

現在の栄町2丁目にある牛頭天王社跡地付近から厚木神社のある旧字天王町、現在の相模大橋周辺まで一直線に通る道を江戸時代まで天王大縄手と呼んだ。
その後「中学通り」「高校通り」「中央通り」と時代に即した名称となり、現在に至たる。