相模川の側道の一段下に設置。駐車場が目印かな。

スライドショーには JavaScript が必要です。


 

相模橋の事をいう。列記とした名前がありながら庶民の思いにより愛称された「じょう橋」。
昔は渡船で渡ったが、明治末期に常設橋が架かり、常に在る橋、常に渡れる待望の橋、そんな思いから自然に言い伝わってきたロマンを秘めた橋。現在はあゆみ橋。