通りから神社へと入っていく道で神社前に設置。

スライドショーには JavaScript が必要です。


 

平安時代、この地を船木田郷と称し、水辺で船に係わる集落を郷名とした発祥の地と伝えられ、近くには江戸時代に立場(休憩所)があった場所です。
現在の船喜多神社は船木田郷の遺名の神社であると伝承される古社です。